明日葉-ashitaba-/活動報告Log.

ひきこもり当事者同士で交流できる会

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

チャット集会  

ひきこもり当事者会です。

いつもは、明日葉のチャットルームは会員で使用することはないのですが
今回は特別に、外界の人々の参加も想定した集会を行ないたいと思います。

通常の集会の場所とは異なりますので
これまでの場所とお間違えにならないようにお願いします。

で、本日の会の詳細は以下です。

本日、21時からチャット集会を行ないます。
参加したい方は、右にあります『チャットルーム』よりご参加ください。

集会において誹謗中傷ならびに荒氏行為とみなされる行為をした場合は、
退場処分ならびに永久追放となりますので、そのような行いはしないように心がけてくださいね。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

真夏のウォーキングでの注意点  

有酸素運動で健康的になろう!

ということをよく言われますが、

今の夏という季節の中で最も気をつけなければいけないこと

それは、熱中症です。

家の中にいても、水分補給を怠るとなってしまう怖い症状です。

頭がボーっとなって倒れそうになったり、それ以上の症状が出てしまう恐れもあります。

そんな暑い日々が続く中を、痩せれるだろう」と全身を覆って走る人をよく見かけますが

あれは自殺行為です。

このむさ苦しい気温の中を水も持たずに、走りこんでいる人をみると

(アスリートを除いて)常軌を逸してるように思えます。

下記のサイトでも紹介されていますが、

ウォーキングを普段しない人への啓発にもなっていると思われるこのサイトをよく読んで

これから、すこしの外出でも心がけたい人は、目を通してみるのもいいかと思います。


http://www.walking-guide.com/400/post_14.html


そして、この夏の間に冷たいものやアイスなどたくさん蓄えると

今度は夏が終わり、秋になるころ、

ひきこもっていると、免疫力や抵抗力が落ちている状態で体温も低いので

そのまま秋から冬に移行することで、

体温調整がままならず、近年冷え性になるという人が増えています。

なので、夏だからこそ、熱いものを極力、摂取するようにしてください。

すると、体温も上昇傾向になって、今年の冬、風邪を引かなかったり

いくらか例年よりは、強い身体になって過ごせると思います。

これは実体験の上での話しですが個人的な経験に基づいたものなので、

皆様全てにそれが当てはまるというわけではございませんが、

物は試しという言葉もあるように、外出に行きついた人には、

せめてウォーキングという運動から強い身体をつくるべくリハビリをしてみるのもいいかもしれません。



目下、私は、リハビリ中です。

当面の生活費を払うためにアルバイトをしたいので

半年以上の入院生活を終えて、なまった身体をせめて動かせるように

毎朝、5時に起きては、散歩をするようにしています。

と言っても、まだ2キロ程度しか歩けません。

長時間同じ場所に留まって立つこともままならないので

少しずつ、少しずつ、休み休み歩いて、朝焼けの空を眺めては、歩いてます。


朝の時間帯だと、まだいくらか日が昇っていないので涼しく歩けます。

それがリハビリとなって、朝身体を動かすことで一日が、シャキッとしたものになります。


これもひとつ、騙されたと思ってやってみて欲しいことの1つです。

最初、これを実行できたとき、とてつもなく疲れました。

けれど、疲れと同時に、もう少し歩いてみたい。という欲求が生まれました。



それとはべつに、何か目的があれば動けると思うんです。

アニメが好きでそのグッズを買いに、とらのあなに行きたいだとか。

アニメイトってまだあるのかな、それでも、

何か目的があって、手段を択んで、実行する。

その三段階を見据えると

自分の欲望を叶えるためのものですから、やる気もなかったとしても出すしかないです。

やるしかない状況に自分を追い込ませると、出来たりするときもあるので、

そういう意味でもオススメです。

ウォーキングを手段に持ってくること。

自転車でいける距離でも、今日は、あえてウォーキングにしよう。とか。

私はよく、自分を試す行いをしています。

その「あえて」がいい方向に向かなくても、

これはダメだったけど、今度はああしてみよう、と作戦だてられるので

次への挑戦への期待値が膨らみます。


もし何かで失敗をしても恐れる必要なんてないんです。

そんなの、自分の気持ち次第でどうとでもなってしまいます。

と、言葉が過ぎたかもしれません。



でも、いつまでも塞ぎこんでいて、何にも変わらない自分を見るのはもう、嫌なんです。

(あ、でも深夜の外出は気をつけてくださいね。世の中の変態が出そうな時間や場所は避けるとか。何某かの対処は必要です。暗がりの人のいない場所での一人での歩行は気をつけてください。男子であっても。)

category: 日記

tb: 0   cm: 0

skype会議  


こんにちは。
今日は、大きく進展しました。

九州のNPOグループ法人との
スカイプ会議に参加させていただきました。

朝の10時~12時までの二時間で
自己紹介と質問と話してみたいこと、などでした。

そちらの会としても初めての試みだったようで、
主に、明日葉のサイトをアピールすることで終始しました。

とても楽しく有意義な時間を送れてよかったです。

category: ひきこもり支援者の情報

tb: 0   cm: 0

ひきこもりであることを否定しない生き方  

誰もが思うことです。
ひきこもり状態を継続させたまま
このまま自由に暮らせたらいいのに。

でも現実、そんなわけにはいかない。
現代人は、外で働いて収入を得て、生活している現状があります。

ですが、稀に、それ以外の働き方をして
収入を得ている人もいることをご存知ですか?

ですがその手法で確立した生活を営まれている方は
氷山の一角とも等しき、限られた人である現状があります。

それを改善していこう
という動きがあります。

ですが現状としてその動きはまだ遅く
そうした考えを議題に話す程度にしか至っていないと聞きます。

そこで、今できる限りの心理、ものの考え方として
私自身が、脱ひきこもり化した実体験と
そのときの心理状態を書き連ねていこうかと思います。

自身がひきこもりという状態を否定せずに
社会との接触の仕方との折り合いをつけて物事を処理し始めると
まだ頑張れる自分に出会うことにも繋がります。

私も、半年なら半年、一年なら一年
ずっとひきこもっている単位が日数としてではなく
時間として数えても、まったく一日が一日とせず
ただ闇雲に時が過ぎて、振り返っても、振り返るポイントが無い為に
特に何も無く、終わった時間というものが存在していました。

何か、学生のときのトモダチと会った。などの対人と関わるイベントがあった場合は
そのときの情景を思い浮かべる、ポイントとして振り返る場面が記憶の中に設定できますが

何も人と触れ合うことなく思い出として振り返る時間もないと
ただ闇雲に、自分の中で生死について考えたり
何も無い日常に憂いを覚えて、塞ぎこんでしまったりと
光が無い、甘えしかない自分にさらに痛みを覚えてしまいます。

そして日々、家族や親戚、近しい友人(いれば)から
何も言われなくとも無言の圧力に晒されて、
何もできない現状に苦しんでしまうんです。

そんな日常をすこしでも変えるべく
動くとしたら、

ひきこもり状態の自分を否定せずに
ひきこもり状態であってもいいことを受け入れてくれる周囲の協力
ならびに、自身の自覚が必要です。

例えば、一ヶ月ひきこもり状態にあるとします。
その中で、1日のうちの1時間、外出を試みてみます。

外出を試みるという勇気と
外出を試みてみたけど、できなかった。という場合と
外出を試みて、外出できた場合

そのどちらに転んでも、
その翌日からの日々は、いつもと違うものに変わります。

なぜなら、振り返れる記憶のターニングポイントが生まれるからです。

何か自分で起こそうと思った行動は
記憶に深く刻み込まれます。
次に外出というキーワードから、振り返るときがあるとしたら
必ずそのときのことを思い出します。

けれど、そこで終わって欲しくありません。

あのときは、数歩出ただけで、終わってしまったけれど
あと2,3歩、足を歩ませれば
テレビでもパソコンからでもない
自分の眼や肌に感じる外の空気を体感する事になります。

これは、部屋の中にひきこもっている人にも言えます。

自分の殻に閉じこもっている人に、外からの圧力で動くことよりも
内から打ち出す思いを外に向けて発進できるようになって欲しいという思いから

自ら歩みだすパターンを創造してみることも一つ、手かもしれません。
私の場合は、こうでしたが、それがみなさんに当てはまるともしれません。

なので、これが得策とは言えませんが
そういう手法もあるということをお伝えできれば満足です。

時間はかかるかもしれませんが
確実に外の世界に興味を抱ける方法であることは間違いないかと思います。

家族の否定や暴言は、ただ人を同じ場所にとどめてしまうだけに思うので
私はそれを勧めません。

わかったつもりになって接されることもムカつきますしね。w

正直に素直に、分からないことは分からないと言ってくれた方が
当事者にも伝わるものがあると思います。



また、たまにですがこのような日記を書きます。
今回は、少しずつ外に出るための方法でしたが、
まだいくつも試してみたことがあるので、そちらも後日Upしてみます。

そして、何か反応があればまた違う方法を編み出します。w


外出した日以外は、ひきこもっていても構いません。
一ヶ月のうち1日の一時間だけ出歩くという試みが大切なのです。

もし成功したら、次は、2時間にトライしてみるのもいいかもしれません♪。
うまくいかずとも、焦らないでください。

"前を向いていたら、おのずと走り出せていた"

先日、嘘だと思って試してみたら、本当に外出できるようになった」
と話す会員のGさんから、こんな事を言われました。

この方法を話した10年ひきこもっていた会員の一人が私にそう言ってくれました。
正直、とても嬉しかったです(^^)


心を作り直す準備、私と一緒に始めてみませんか?

category: 日記

tb: 0   cm: 0

ひきこもりと障害  

ひきこもりと発達性障害。
ひきこもりと精神障害。

何かしらの障害を患っていて、
そのような症状が出ているにも関わらず
それを自分がそうなのだと自覚する機会も、気付きもなければ

何をどうしようにも上手くいかなかったことへの説明付けが出来ません。
ひきこもり支援を受けてきても
なにかこう、自分には合わなかったり、
発達性障害の支援を受けようにも何をどうしたらいいかわからない。

など。
今までひきこもり支援や社会復帰をするための
リハビリ施設、フリースペースなどの対話の場などを掲載してきましたが

先日、会の指標として、
現在、明日葉の会員が何名いて、どのような精神障害を持っているか
など、会を立ち上げるにあたって、協力してくれた人物と共にデータをまとめて
集計しました結果、

現在、明日葉は、38名の方がいらっしゃり
男女比は、5;5
精神障害者が八割でした。

細分化された情報は、後日、発表しますが、
その中で、入会したのち、社会復帰を果たしたのは、1名です。

主に、チャットやメッセージを通じての対話と
SNSを通じてのネット上での交流を主としています。
元々は、情報掲載サイトなので
未知の情報を最大限に活かして掲載できるように努めています。



今、会の中では、
AC(アダルトチルドレン)に対する関心が深まっていて
ひきこもり当事者会の中にも数名いらっしゃられます。

そこで、ひきこもり情報とは別に
AC、アダルトチルドレンの情報一覧も掲載作成予定としています。

それと
ひきこもりの先輩たち、
ひきこもり状態から脱出したのか
高齢のひきこもりから、若い世代のひきこもりニートの情報掲載もしていきます。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

わかこく  

category: ひきこもり支援者の情報

tb: 0   cm: 0

てすと  

category: ひきこもり支援者の情報

tb: 0   cm: 0

免責事項  

[情報の取り扱いについて] サイト内の掲載情報について。

個人でテストプレイ中の当事者会に掲載致しました情報は充分に注意を払って掲載していますが、 その内容について保証するものではありません。 私たちは、当事者会の利用ならびに、 閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。また、当事者会を装った別サイトによって生じた損害も責任を負いかねます。

[リンク先サイトのご利用について]
当、当事者会やブログを介したサイトの閲覧、
ご利用は閲覧者の責任で行っていただきますようお願い致します。

当、当事者会は、当事者会やブログからリンクした先のサイトについて、一切保証いたしません。

地域支援センターから紹介されたリンク、サポーステーションを介したリンク等々の情報においてもこのサイトがあずかり知るものではございません。2013年08月11日、ここに明記します。

当事者会・企画行動代表ぬるちゃ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

支援情報  

先日、ひきこもり地域支援センターの情報をまとめていたところ、
19の都道府県に、
未だ支援センターが設立されていないようです。
(まとめた日記内に情報が掲載されていない県がありました。)
そこで、今から、"現状における"支援情報をいくつか掲載して行きたいと思います。


支援センターがない代わりに
サポステや精神保健福祉センターや
こころのケアセンターなどが目立ちます。

サポステが情報を集約している場合に限り、
サポステのリンクを貼付します。
(一応の問い合わせは敢行しております。結果が出次第、うp)
マークの説明:△=フリースペースが有ります。

■青森県

△フリスペ(有)

<思春期・青年期家族教室>
<思春期・青年期本人グループ>
○15歳~30歳位の青年で、本人グループの参加が適当と考えられる方。

いずれの相談も予約制になっています。
≪こころの電話 017-787-3957・3958≫にてあらかじめご予約ください。
相談には臨床心理士等が対応します。相談は無料です。

開設時間
月曜~金曜 9:00~12:00
※土日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)はお休みさせていただきます。
ttp://www.pref.aomori.lg.jp/welfare/welfare/soudan.html



■群馬県
名称:ぐんま若者サポートステーション
住所:群馬県前橋市千代田町2-5-1前橋テルサ 5F
詳細URL:ttp://www.g-sapo.org/index.html



■佐賀県
名称:若者総合相談センター
住所:佐賀県佐賀市白山2丁目2-7 KITAJIMAビル1階
対象:ひきこもり、ニート等。0歳~30代の方のご相談を幅広くお受けいたします

TEL/FAX:0952-28-4323 / 0952-97-8235
受付時間:月曜日~金曜日 11:00~18:00
休館日:土曜、日曜、祝祭日 年末年始等(臨時休館あり)
詳細URL:http://www1.odn.ne.jp/faith1019/center.html

△フリースペースがあるようです。
サポステと併設されているとの記載あり(確認済み)
名称:コネクションズ・スペース
以下、サポステLINK
http://www1.odn.ne.jp/faith1019/saposute.html


■長崎県

名称:長崎サポートステーション
詳細URL:http://nagasaki-saposute.com/
注目!:電話や”メール”で予約受付可
曜日: 月曜~金曜
時間: 午前10:00より午後4:00まで
TEL:095-823-8248/050-3387-1748(IP電話)
info@nagasaki-saposute.com


名称:佐世保サポートステーション
詳細URL:http://www.saposute-sasebo.com/
注目!:電話や”メール”で予約受付可
電話:0956-22-5090
FAX:0956-22-5090
メール:info@saposute-sasebo.com


名称:長崎市精神障害者相談支援センター
住所:長崎県長崎市大橋町18-7
TEL:(095)845-2337/845-2357(事前予約必須)
詳細URL:http://www5.cncm.ne.jp/~yamabousi_yuimed/index.html
△フリースペース活動ブログ:http://ameblo.jp/yamabousi061201/
対象:精神障害者



■宮崎県
名称:みやざき若者サポートステーション
詳細URL:http://www.saposute-miyazaki.jp/

△フリースペースがありました。
名称:フリースペース居場所
TEL :0985-25-4345(事前予約必須)
ご利用時間:午前10時~午後5時 (休日:土・日・祝・年末年始)



■三重県
△交流スペース
場所:三重県 津市羽所町 700番地 アスト津3階
対象者:ご本人
内容:交流スペースで他の利用者と交流していただけます。
実施時間:開所日の13:00~19:00。
予約は不要です。
(一度、サポステに電話予約してからの利用は予約なしで通えます)

料金 無料
備考 皆さんが気楽に立ち寄っていただける「交流スペース」あります。
ちょっとした息抜きをしたり、同世代の仲間と触れ合うことができます。
ttp://www.neet-support.net/institution/207/

その他情報は、サポートステーションが握っていますので
サポートステーションにお問い合わせください。
http://www.mie-kinfukukyo.or.jp/sapostemie/


■奈良県
名称:なら若者サポートステーション:電話予約制
詳細URL:http://www.chuokai-nara.or.jp/nara-saposute/

名称:若者のほっとスペース(自助グループ)
詳細URL:http://www4.ocn.ne.jp/~sakiwai/hottosupesu.html
参加料:300円
●活動内容
◎個人個人を尊重し、みんなで情報交換したり気楽にお喋りしています。
年齢制限はありません。様々な年代の人が参加しています。
◎月2回。第2・4土曜日午後5時半~
会場:フリースペースSAKIWAI
参加費 300円(会場費)
★12月は8日(土)、22日(土)1月は12日(土)、26日(土)です。



■東京都
名称:東京都ひきこもりサポートネット
インターネットや電話で相談できるひきこもりから脱出のためのWEBサイト
詳細URL:http://www.hikikomori-tokyo.jp/index.php



■岐阜県
△名称:フリースペース 本人の会
住所:岐阜市下奈良2-2-1 岐阜県福祉農業会館 健康福祉部精神保健福祉センター
TEL:TEL:058-273-1111

ひきこもっているご本人を対象に集う場を設けています。
毎月1回、平日の午後2時間程度、話し合いやレクリエーションなどを行っています。
詳細URL:http://www.pref.gifu.lg.jp/kenko-fukushi/kenko-iryo/kenkikan-kenko-iryo/seishinhoken-fukushi/sodan-hiki.html

料金:たぶん、無料だと思います。確認されてみてください。

■石川県
△悠友クラブ/ひきこもり当事者グループ
住所:石川県こころの健康センター 2階 集団面接室
日時:原則として毎月3回:第2・第3・第4水曜日 午後1時30分~午後3時30分
TEL:076(238)5761
詳細URL:http://www.pref.ishikawa.lg.jp/fukusi/kokoro-home/kokoro/daycare_sisyunki.html
対象年齢:18才以上~35歳まで。
料金:原則無料(活動内容により料金発生。)



■福井県
△本人の会 レレレの会
日時:毎月第4火曜日 13:00~15:00   ホッとサポートふくい

△フリースペース
日時:毎週火、木曜日 10:30~14:30 ホッとサポートふくい
以下、フリースペースの内容書(ワードが開きます)

http://www.pref.fukui.jp/doc/kokoro-c/hikikomori/hikikomorisienn_d/fil/002.doc

住所:福井市大手3丁目7-1繊協ビル2階
電話番号:0776-26-7100 FAX番号:0776-26-7300 
e-mail:kokoro-c@pref.fukui.lg.jp

 

■沖縄県




■栃木県
名称:若者の居場所(プログラム名)
住所:宇都宮市 駅前通り1-5-13 サエラビル3階
(*サポートステーション内のプログラムの一環)
詳細URL:http://tochigi-saposute.net/

名称:栃木県北サポートステーション
http://www.neet-support.net/institution/427/
実際に、職業訓練しながら給料がもらえるサービス。

羨ましい。。
こういうの全国にも無いのかなァ(遠い目。



■茨城県
△フリースペース 若者の集い
ひきこもり相談が県内の全保健所で始まりました。by茨城県

会場:つくば市 / 毎月第2水曜日 つくば市市民活動センター
14:00~16:00 「詳細はお問い合わせください。」

NPOのフリ ースペースもいくつかあるのですが、
無料のところは、1箇所。
相談料が有料で、フリースペースは無料というところが有りました。
問い合わせ先が書かれていないので。
メールフォームを記入しておきます。
URL: http://saposute.jp/toiawase.shtml





■埼玉県
名称:かわぐち若者サポートステーション
詳細URL:http://sodateage.net/yss/kawaguchi/

はじめて来られる方は、まず電話でご連絡ください。
(月曜日~土曜日/13時~19時)
TEL:048-255-8680

■福島県

category: 支援情報

tb: 0   cm: 0

匿名性アンケートにご協力ください  

フリースペースの利用について
http://survey.dragonq.jp/front/e/D99BD8090C364589938117BC9CD0E60C/


コミュニケーションについて
http://survey.dragonq.jp/front/e/5B7358663BC144B6AD6E8E51624B826E/


ひきこもり度アンケート
http://survey.dragonq.jp/front/e/09BEA25DC8BC42B9A7BE5531932B0361/

ひきこもり熟度アンケート/NEW!!
http://survey.dragonq.jp/front/e/FFD416AAAAB04093A75E54F8063FC691

category: アンケート

thread: 不登校・ひきこもり - janre: 福祉・ボランティア

tb: 0   cm: 0

ひきこもり地域支援センター 追記情報2013/04改訂版   

平成25年4月8日現在

1 北海道北海道ひきこもり成年相談センター札幌市白石区 平和通17丁目北1-13

tel:011-863-8733

2 岩手県岩手県ひきこもり支援センター盛岡市 本町通3-19-1

tel:019-629-9618

3 山形県ひきこもり相談支援窓口「自立支援センター巣立ち」山形市 小白川町2-3-30 山形県精神保健福祉センター 内

tel:023-624-1217




4 千葉県千葉県ひきこもり

地域支援センター千葉市中央区 仁戸名町666-2

(精神保健福祉センター 内) 043-209-2223


5 神奈川県青少年サポートプラザ(ひきこもり地域支援センター) 横浜市西区紅葉ヶ丘9-1 神奈川県立青少年センター内045-242-8201


6 富山県富山県ひきこもり地域支援センター富山市蜷川459-1富山県心の健康センター内076-428-0616


7 長野県長野県ひきこもり支援センター長野市若里7-1-7 長野県精神保健福祉センター 内026-227-1810


8 静岡県静岡県ひきこもり支援センター静岡県静岡市 駿河区 有明町 2-20 静岡県精神保健福祉センター 内054-286-9219


9 愛知県あいちひきこもり地域支援センター名古屋市中区三の丸3-2-1東大手庁舎052-962-5377


10 滋賀県ひきこもり支援センター草津市 笠山8-4-25 滋賀県立精神保健福祉センター 内077-567-5058


11 京都府初期型ひきこもり訪問応援「チーム絆」京都市東山区 清水4-185-1(京都府家庭支援総合センター内) 075-414-4304


12 大阪府大阪府ひきこもり地域支援センター大阪市住吉区 万代東3-1-46 大阪府こころの健康総合センター内06-6697-2750


13 和歌山県和歌山県ひきこもり地域支援センター和歌山市手平2-1-2県民交流プラザ和歌山ビッグ愛2階073-435-5194


14 鳥取県 とっとりひきこもり生活支援センター鳥取市 西品治863-1 0857-20-0222


15 広島県広島ひきこもり相談支援センター広島市 安芸区中野東4丁目2-25-2F(その他に2ヶ所サテライト設置) 082-893-5242


16 山口県ひきこもり地域支援センター防府市 駅南町13-40防府総合庁舎2階0835-27-3480


17 徳島県ひきこもり地域支援センター「きのぼり」徳島市 新蔵町3丁目80 徳島県精神保健福祉センター 内088-602-8911


18 香川県香川県ひきこもり地域支援センター「アンダンテ」高松市 松島町1-17-28 香川県高松合同庁舎内087-804-5115


19 愛媛県 愛媛県 心と体の健康センター「ひきこもり相談室」松山市 本町7-2 総合保健福祉センター内089-911-3883


20 高知県高知県ひきこもり地域支援センター高知市 丸ノ内2-4-1 保健衛生総合庁舎2階 高知県精神保健福祉センター 内088-821-4508


21 福岡県福岡県ひきこもり地域支援センター春日市 原町3丁目1-7 南側2階 福岡県精神保健福祉センター 内 092-582-7530


22 大分県青少年自立支援センター(おおいた ひきこもり地域支援センター) 大分市 東春日町1-1NS大分ビル2F 097-534-4650


23 鹿児島県ひきこもり地域支援センター鹿児島市鴨池新町1番8号 鹿児島県青少年会館2階099-257-8230


24 さいたま市 さいたま市 ひきこもり相談センターさいたま市中央区 本町東4-4-3 さいたま市 こころの健康センター内048-851-5660


25 仙台市 仙台市 ひきこもり地域支援センターほわっと・わたげ仙台市 若林区 遠見塚1-18-48 022-285-3581


26 横浜市青少年相談センター(ひきこもり地域支援センター) 横浜市南区浦舟町3-44-2 045-260-6615


27 川崎市川崎市精神保健福祉センター (ひきこもり相談) 川崎市川崎区宮本町2-32 JAセレサみなみビル4階044-200-3246


28 新潟市 新潟市 ひきこもり相談支援センター新潟市中央区 東万代町9-1 万代市民会館5階025-278-8585


29 浜松市 浜松市 ひきこもり地域支援センター浜松市中区 中央一丁目12-1 県浜松総合庁舎4階053-457-2709


30 名古屋市名古屋市ひきこもり地域支援センター名古屋市中村区名楽町4丁目7番地の18 052-483-2077
「ひきこもり地域支援センター」の設置状況リスト


31 大阪市大阪市こころの健康センター(ひきこもり地域支援センター) 大阪市都島区 中野町5-15-21都島センタービル3F 06-6922-8520


32 堺市 堺市 ひきこもり地域支援センター「ユースサポートセンター」堺市 堺区熊野町 東4-4-19 平成ビル601号室072-229-3900


33 堺市 堺市 ひきこもり地域支援センター堺市北区 新金岡 5-1-4 北区役所5階 こころの健康センター内072-258-2002


34 神戸市神戸市ひきこもり地域支援センター~ラポール~ 神戸市兵庫区羽坂通4丁目2-22 078-945-8079


35 岡山市 岡山市 ひきこもり地域支援センター岡山市 北区鹿田町1-1-1 086-803-1326


36 広島市 広島市 ひきこもり相談支援センター広島市西区 楠木町 一丁目8-11 082-942-3161


37 北九州市 北九州市 ひきこもり地域支援センター すてっぷ北九州市 戸畑区 汐井町1-6ウェルとばた2階093-873-3132


38 福岡市福岡市ひきこもり支援センター「わんど」福岡市東区 松香台2丁目3-1九州産業大学 大学院付属 臨床心理センタ- 092-673-5804


39 福岡市福岡市ひきこもり成年地域支援センター「よかよかルーム」福岡市中央区舞鶴2-5-1 あいれふ3F 092-716-3344

category: 支援情報

thread: 不登校・ひきこもり - janre: 福祉・ボランティア

tb: 0   cm: 0

ひきこもり地域支援センター/各都道府県別フリースペース記載(有)  



これから、フリスペ情報も加えて分かりやすく県別にまとめていきます。

行ったことがある施設がありましたら、おしらせください。
匿名で掲載します。



追記情報はこちらからどうぞ

http://yuki-hajiko.hatenablog.com/entry/2012/12/04/103303


ウィンドウズのパソコンでアクセスの場合で(IE)使用の場合、
編集→このページの検索→探したいキーワード

お宅の近辺にフリスペがあるか聞いてみてください。
後々、フリスペ情報は確認をして載せたいと思いますが、
お急ぎの方は、
ご自分でご確認をされると、
他人とのいいコミュニケーションとなるかもしれません。
これも一つのリハビリです。
電話番号しかない場所では、ご本人様ではお辛いでしょうから、
ご検討だけでもしてみてください。


(平成24年6月29日現在)

■ 北海道

名称:ひきこもり成年相談センター
住所:札幌市白石区平和通17丁目北1-13
TEL :011-863-8733
詳細URL:ttp://www.kokoro-recovery.org/hikikomori-mail/h-mailform.html

↑左端にhを足してください。
メールフォームがありました。
随時、受付中だそうです。



■岩手県
名称:ひきこもり支援センター
住所:盛岡市本町通3-19-1
TEL:019-629-9618
その他:基本的に来所については、電話での受付のみ。事前予約必要。


■山形県
名称:ひきこもり相談支援窓口「自立支援センター巣立ち」
住所:山形市小白川町2-3-30 山形県 精神保健福祉センター内
TEL:023-624-1217 又は、 023-631-7141

その他:基本的に来所については、電話での受付のみ。
受付時間:9時~12時
対象年齢:16~40歳


■千葉県
名称:ひきこもり地域支援センター
住所:千葉市中央区仁戸名町666-2(精神保健福祉センター内)
TEL :043-209-2223

以下、電話受付時間。
月曜日~金曜日9時30分~16時30分
ただし、第1金曜日は13時00分~16時30分
※祝日・年末年始(12月29日~1月3日)はお休みです。
対象年齢は原則18歳以上から。

■神奈川県
名称:青少年サポートプラザ(ひきこもり地域支援センター)
住所:横浜市西区紅葉ヶ丘9-1神奈川県立青少年センター内
TEL :045-263-4467

対象年齢:おおむね30代まで。
メールフォーム
URL:ttps://cgi.pref.kanagawa.jp/ques/questionnaire.php?openid=1183610722&check

悩みごとに関する相談・情報提供は、メールフォームでは回答いたしておりません。
悩み事に関する相談は相談専用電話(045-242-8201)をご利用ください。


管理人から一言:「何のためのメールフォームなんでしょうね。」


■富山県
名称:ひきこもり地域支援センター
住所:富山市蜷川459-1富山県心の健康センター内
TEL :076-428-0616
URL :ttp://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1205/form.html

メールフォームありました。



■長野県
名称:ひきこもり支援センター
住所:〒380-0928 長野市若里7-1-7 社会福祉総合センター2階 長野県精神保健福祉センター内
URL :ttp://www.pref.nagano.lg.jp/xeisei/withyou/hp_withdraw/withdraw_top.html
電話:026-227-1810
E-Mail: withyou@pref.nagano.lg.jp


■愛知県 
名称:あいちひきこもり地域支援センター
住所:名古屋市中区三の丸3-2-1東大手庁舎
TEL :052-962-5377



名称:ひきこもり地域支援センター
住所:名古屋市中村区名楽町4丁目7番地の18
TEL :052-483-2077

対象:名古屋市内在住のひきこもり状態のご本人とそのご家族等
初回相談は毎週火曜日の午前と、
金曜日の午後に面接相談を実施しております。
相談は予約制です。
相談をご希望の方は、事前に電話等で下記までお問い合わせください。

電話では、お聴きした状況に応じ、
より適切な機関や支援団体、社会資源をご紹介させていただく場合があります。

※ 専門の相談員が相談に応じます。
※ 相談内容については秘密を厳守します。
※ 相談は無料です。
ファックス番号:052-483-2029

受付時間:月曜日から金曜日 
午前8時45分から午後5時15分まで(休日・祝日・年末年始を除く)

相談に関するよくある質問
質問:どんな人が相談に来ていますか?
回答:主にひきこもり状態のお子さんをお持ちの、お父さん、お母さんが来談されています。お子さんも10代から40代の方まで、年齢の幅も広くなっています。

質問:本人が行かないといけませんか?
回答:ご本人がいらっしゃる場合もありますが、
まずは、家族が相談機関や医療機関などへ相談に行くことから対応が始まる場合が多いです。

質問:就労支援もしてもらえますか?
回答:センターで就職のあっせんをすることはありません。

ご本人の状況に応じて、
より適切な支援機関をご案内させていただくことがあります。
詳細URL:ttp://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000035226.html



■滋賀県
名称:ひきこもり地域支援センター滋賀

※ご希望される場合には、
事前に電話にて予約をお願いします。相談は無料です

相談電話番号 077-567-5058
相談日 平日(月曜日~金曜日)※ただし祝日、年末年始は除く
相談時間 午前9時00分 ~ 午後4時00分まで

フリースペースが有ります。
電話にて事前に予約が必要。


■京都府
名称:初期型ひきこもり訪問応援「チーム絆」
住所:京都市東山区清水4-185-1(京都府家庭支援総合センター内)
TEL :075-414-4304

青少年向けのようです。
以下、URLは、その他の支援施設の情報です。
ttp://faq.pref.kyoto.lg.jp/faq.asp?faqno=03626&sugtype=6&logid=0


■大阪府
名称:こころの健康総合センター
住所:ひきこもり専門相談窓口(ひきこもり地域支援センター事業)
Tel:06-6697-2750
(平日の10時00分~12時00分)

名称:大阪府立子どもライフサポートセンター
Tel:072-298-3595
(平日の10時00分~17時00分 ただし、概ね18歳未満を対象)
大阪府立子どもライフサポートセンターのページへ移動します。

△大阪市
名称:こころの健康センター
Tel:06-6923-0090 
(平日の10時00分から12時00分)

△堺市
名称:堺市こころの健康センター
Tel:072-258-6410 
(平日の9時00分から12時30分、13時00分から17時00分)

以下、同内容URL
ttp://www.pref.osaka.jp/keikakusuishin/soudan/hikikomori.html

△大阪市こころの健康センター(ひきこもり地域支援センター)
大阪市都島区中野町5-15-21都島センタービル3F
06-6922-8520
ttp://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000006043.html
 電話 06-6923-0090
 月~金曜日(祝日・年末年始除く) 
 午前10時~12時
 (対象)ひきこもっている方が大阪市内にお住まいの本人や家族等
 ● 長期に自宅で過ごしている。
 ● 家から出られない状態で、抜け出すきっかけがつかめない。



△堺市ひきこもり地域支援センター「ユースサポートセンター」
堺市堺区熊野町東4-4-19 平成ビル601号室
072-241-0880(専用回線)
月~金曜日(祝日・年末年始を除く)
午前10時~正午

△堺市ひきこもり地域支援センター
堺市北区新金岡5-1-4 北区役所5階 こころの健康センター内
072-258-2002


■和歌山県
名称:ひきこもり地域支援センター
住所:和歌山市手平2-1-2 県民交流プラザ和歌山ビッグ愛2階
TEL :073-435-5194

△フリースペースが有りました。
対象: 和歌山県在住の概ね16歳から40歳までの方
ひきこもり状態にある方
人とかかわることにまだまだ抵抗のある方

開催日: 毎週火曜日 13:00~16:00
*都合により、予定が変更になる場合もあります

場所: 精神保健福祉センター内 プレイルーム
参加申込: まずは下記TELに電話してください。
連絡先: 和歌山県精神保健福祉センター
TEL:073-435-5194
FAX:073-435-5193

詳細はリンクへどうぞ。
ttp://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/040400/050301/hikikomori-top.html
ttp://www.pref.wakayama.lg.jp/


■鳥取県
名称:とっとりひきこもり生活支援センター
住所:鳥取市西品治863-1 0
TEL :857-20-0222

対象者 引きこもり者及び障がい者
対象年齢 無し

開所日・時間
月曜日~金曜日・午前8時30分~17時
スタッフ資格
社会福祉士1人.介護福祉士2人
小・中・高教員免許1人、
保育士2人、
幼稚園教諭免許2人、
ホームヘルパー2級1名、
製菓調理師1人、

アクセス バス停:相生町
生鮮食品スーパー・プロマート相生店前

連絡先 電話:0857-30-1201
FAX:0857-30-1202
メール:tottoripeer@wing.ocn.ne.jp
ホームページ ttp://www.nonona.org/activity.html#hikikomori

若者の集い:http://www.pref.tottori.lg.jp/117133.htm

■山口県
名称:ひきこもり地域支援センター
住所:防府市駅南町13-40防府総合庁舎2階
TEL :0835-27-3480
詳細URL:ttp://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a15200/mhc/hikikomori-top.html

△フリースペーがあります。
『本人の会』
上記、電話番号に電話してお尋ねください。



■徳島県
名称:ひきこもり地域支援センター「きのぼり」
住所:徳島市新蔵町3丁目80 徳島県精神保健福祉センター内
TEL :088-602-8911

△フリースペースが有ります。
詳細URL:ttp://www.pref.tokushima.jp/docs/2010090300193/

内容:ひきこもり当事者グループ活動
当事者メンバーで話し合って自分たちに必要なプログラムを創っていきます。
スタッフはそれをバックアップしていきます。

毎週火曜日にメンバーミーティングを行っています。
日時 毎週月・火・水曜日 13時~16時
場所 精神保健福祉センター 2階 デイルーム

その他にもプログラム有り。
詳しくはサイトを参照してください。



■香川県
名称:ひきこもり地域支援センター「アンダンテ」
住所:高松市松島町1-17-28 香川県高松合同庁舎内
TEL :087-804-5115
詳細URL:ttp://www.pref.kagawa.jp/seishinhoken/hikikomori.html

管理人の一言:視覚障害者の為に、音声読み上げツールがありました。面白い試みですね。


■愛媛県
名称:心と体の健康センター「ひきこもり相談室」
住所:松山市本町7-2 総合保健福祉センター内
TEL :089-911-3883
詳細URL:ttp://www.pref.ehime.jp/040hokenhukushi/150seisinhoken-cnt/sinryo/hikikomori.htm

開設日時 月~金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
午前9時~午後5時

◎来所されての相談は完全予約制です。お電話でお問合せください。
・対象者は、原則としてひきこもり本人が18歳以上である場合のご本人及びご家族等です。
・状況に応じて、医療機関や支援機関を紹介することもあります



■高知県
名称:ひきこもり地域支援センター
住所:高知市丸ノ内2-4-1 保健衛生総合庁舎2階 高知県精神保健福祉センター内
TEL :088-821-4508
メールアドレス:060303@ken.pref.kochi.lg.jp

△フリースペースが有りました。
 《名 称》   「青年期の集い」
 《日 時》   原則、毎週水曜日 第2・4金曜日 午後2時から4時
※第2・4金曜日は主にフリースペースとして自由な活動が中心になります。
 《場 所》   高知県立精神保健福祉センター グループ室
           ※活動内容により、屋外に出ることもあります。 
 《内 容》   レクリエーション、創作活動、外出しての活動等
 《参加費》   活動内容により実費負担が生じることがあります。
            (※50円−200円程度)


■福岡県
名称:ひきこもり地域支援センター
住所:春日市原町3丁目1-7 南側2階 福岡県精神保健福祉センター内 

対象者:福岡にお住まいの方やその家族
     (おおむね18歳以上の方)
相談方法:電話や来所等による相談
     (来所相談等は予約制)
専用電話: 092-582-7530
開設時間:月曜日~金曜日 9時~17時15分
休所日 :土曜日、日曜日、祝日及び年末年始
相談料 :無料

△フリースペースが有りました。
「ねすと♪たまゆら」上記、電話番号にご連絡ください。


■北九州市
名称:ひきこもり地域支援センター すてっぷ
住所:北九州市戸畑区汐井町1-6ウェルとばた2階
TEL :093-873-3132
詳細URL:ttp://www.step-kita.com/




■大分県
名称:青少年自立支援センター(ひきこもり地域支援センター)
住所:大分市東春日町1-1NS大分ビル2F
TEL :097-534-4650

※県内の一部の保健所にて、ひきこもり相談を担当する専門相談員が配置されました。
・対応時間 9:00~17:00(月曜日~金曜日)祝休日・年末年始を除く
・相談方法 電話・面接・訪問相談
     ※面接・訪問相談は専用電話番号での予約が必要です。



■鹿児島県
名称:ひきこもり地域支援センター
住所:鹿児島市鴨池新町1番8号 鹿児島県青少年会館2階
TEL :099-257-8230
対象:青少年と若者対象です。
時間:火曜日から日曜日の午前10時~17時まで
(月曜日及び年末年始(12月28日~1月4日)は除く。)

【相談方法】
電話・面接(要予約)・メール
相談無料です。
ただし,ご利用に伴う電話代,
通信費などは,相談者の負担となります。
相談の秘密は厳守します。

メールフォームありました。
ttps://v7.rentalserver.jp/soudancenter-k.com/inq/form.php


■宮城県
名称:ひきこもり地域支援センター
住所:仙台市若林区遠見塚1-18-48
TEL :022-285-3581

受付時間:月曜日~金曜日10時~17時(祝日、年末年始を除く)
面接相談 訪問相談
相談員やひきこもり経験者がご家庭を訪問し、
相談をお受けします。

家族教室
ご家族同士が悩みを語り合ったり、
ご本人との関わり方についての具体的な工夫などを勉強したりする
母親教室(月2回)や父親教室(月1回)を開催します。


■神奈川県
名称:青少年相談センター(ひきこもり地域支援センター)
住所:横浜市南区浦舟町3-44-2
対象:横浜市内にお住まいのおおむね15歳~40歳未満の青少年とそのご家族
時間:月曜から金曜(土曜・日曜・祝日・年末年始はお休みです。)
午前8:45~午後5:15

※来所による相談は、電話での予約制となっています。
専門の相談員が青少年に関する相談を受けています。
お気軽にお電話ください。

TEL:045-260-6615(相談専用)
利用は無料。秘密は厳守します。

 (1)個別面接
   相談員が青少年本人または保護者との個別面接、親子同席面接、心理相談員が加わった
  親子並行面接など、必要に応じて面接を実施しています。

 (2)家庭訪問
   必要に応じて、相談員が家庭訪問等をして問題解決のお手伝いをします。

3.集団支援
  個別面接の結果、問題の解決に有効だと判断された場合、次のような支援を継続します。

 (1)グループ活動(10代グループ・20代グループ、コミュニケーショングループ)
   不登校などで集団になじめない青年が、グループ活動を通して対人関係の改善を図ることを
  目的としています。(ゲーム・スポーツ・創作等の活動を行っています。)

 (2)特別活動
   短期宿泊体験 (1泊2日)
    家庭から離れた環境の中で集団生活を体験する最初のステップとして実施しています。
   親・子宿泊研修 (1泊2日)
    親と子、親同士などが交流する場をつくり、親子関係を再確認するためのきっかけ作りを
   しています。
   夏期宿泊体験 (2泊3日)
    家庭から離れた環境の中で集団生活を体験することを目的としています。
   所外活動
    社会体験の場を広め、集団活動に慣れていくことを目的としています。
   サークル活動
    歌やイラスト等、専門の講師による講座を行い、青少年本人の興味と体験の幅を広げる
   ことを目的としています。

 (3)保護者支援
   保護者の集い
    同じ悩みを持つご家族が、具体的な問題解決の方法や体験などについて、意見交換を
   行っています。
   思春期・青年期家族勉強会
    思春期や青年期、家族における様々な問題について、グループで学び、情報交換を行って
   います。

4.社会参加体験事業
  ボランティアや販売・接客体験などのプログラムを通じて、社会参加の糸口となる体験をしま
 す。

5.関係機関の紹介
  ご相談の内容によって、より適切な関係機関等を紹介する場合もあります。

※当センターでは、「横浜市若者自立支援策」として、地域ユースプラザ、
  若者サポートステーションと協力して若者の自立を支援しています。

◆主に地域における社会参加に向けた支援
 地域ユースプラザ

◆主に就労に向けた総合相談・就労に向けた支援
 よこはま若者サポートステーション
 湘南・横浜若者サポートステーション


△川崎市
名称:精神保健福祉センター
住所:川崎市川崎区宮本町2-32 JAセレサみなみビル4階
TEL :044-200-324625
詳細URL:ttp://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000017352.html


■新潟県
名称:新潟市ひきこもり相談支援センター
住所:新潟市中央区東万代町9-1 

場所:中央区東万代町9-1新潟市万代市民会館5階
相談方法:電話 面接(要予約)
電話:025-278-8585(相談・予約専用)

受付時間:火曜~土曜 9時00分~18時00分(祝日・年末年始を除く)
詳細URL:ttp://www.city.niigata.lg.jp/mobile/i/soudan/004_m/004_1...


■静岡県
名称:ひきこもり地域支援センター
住所:浜松市中区中央一丁目12-1 県浜松総合庁舎4階
TEL :053-457-2709

予約制で来所による相談を行っています。
まずは、お電話をください。お電話で内容を簡単にお聞きし、
面接の予約日を決めます。
ご本人の来所が難しい場合は、
ご家族による相談も受け付けています。

受付時間:平日午前8時30分~午後5時15分 (年末年始・祝日を除く)
相談日:毎週木曜日午前9時~正午

家庭訪問
必要に応じて、ご本人の同意があれば
保健師などのスタッフが家庭を訪問します。
社会復帰や受診のための相談などを行うことが出来ます。


電話相談(こころのほっとライン)
 こころの健康に関して、匿名で電話相談を行っています。

開設時間:平日午前8時30分~午後4時 (年末年始・祝日を除く)
電話:053‐457‐2195
   
家族教室
ひきこもっている方が社会に出て行くのを支援するために、
ご家族は大切な存在になります。
ひきこもりとはどういうものなのか、
家族としてどのように接していくのかなどを学ぶための教室です。
ご両親での参加をお勧めしています。





■兵庫県
名称:ひきこもり地域支援センター~ラポール~
住所:神戸市兵庫区羽坂通4丁目2-22
TEL :078-945-8079
対象:神戸市にお住まいのひきこもりの方やそのご家族(年齢問わず)

ご利用方法
電話、来所、訪問により相談をお受けします。ご利用は無料です。
なお、来所・訪問による相談は電話での予約をお願いします。

開所時間
火曜~土曜 10時~18時
【休所日】 お盆、年末年始
連絡先 電話・FAX: 078-945-8079



■岡山県
名称:ひきこもり地域支援センター
住所:岡山市北区鹿田町1-1-1
TEL :086-803-1326
対象:岡山市内在住のひきこもり状態にある本人やその家族等。

ご利用方法
電話、来所等により相談をお受けします。

電話相談
毎週 水曜日、金曜日(祝日、年末年始を除く)
9:30~12:00 / 13:00~15:00

来所相談
予約制です。まずは専用電話にお電話ください。
ご利用は無料です。


■広島県
名称:ひきこもり相談支援センター
住所:広島市西区楠木町一丁目8-11
TEL :082-942-3161
対象:18歳以上 ひきこもり本人やその家族など、
その他:県内で他に三ヶ所あるので上記、電話番号でお尋ねください。

相談員が、電話や来所などによる相談に応じます。
まずは、電話で御相談ください
問い合わせメールアドレス:soudan@qq.pref.hiroshima.jp

category: 支援情報

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。